衝動性

双極性障害、注意欠如多動性障害(ADHD)、境界性パーソナリティ障害、アルコール等物質依存、パーキンソン病薬の服用、などで見られる衝動性は精神医学の重要なテーマです。 ... (続きを読む)

恐怖記憶

恐怖記憶と扁桃体、ドパミン、ノルアドレナリンについて考えます。 人が恐怖を感じ、それを記憶として脳に焼き付け、さらに無意識領域への忘却と健忘、記憶過敏反応を経験するのに... (続きを読む)

ペルソナ

ペルソナとは元来は劇の中で役者がかぶる仮面のことですが、人生という劇の役者である人間個人を指すようになりました。 ユングの分析心理学では、人が外の世界に向かって見せる顔... (続きを読む)

曝露療法とは

曝露による学習は、不安や恐怖を段階的に弱めていくプロセスと言うよりは、不安(を引き起こすもの)に対する反応が安全なものであるという事を積極的に学んでいく過程です。 イメ... (続きを読む)

防衛機制の幼児性

防衛機制の幼児性を考えてみます。まず防衛機制を大雑把に説明すれば、自分自身の心を守るために発動されるしくみと言えます。英語のデフェンス・メカニズムの方が直感的に理解しやすいの... (続きを読む)