ラツーダ(ルラシドン)

住友製薬(現:大日本住友製薬)が創製し、年間2000億円を売り上げるブロックバスター、「ラツーダ」が6月に本邦でも発売されました。今回は、ラツーダを概観してみます。 まずは、特... (続きを読む)

2020年6月23日 | カテゴリー : | 投稿者 : wpmaster

グランダキシン(トフィソパム)

グランダキシンは、1976にハンガリーで合成・ 登録された抗不安薬です。 日本では持田製薬が開発に当り、自律神経失調症・更年期障害の薬として昭和60年(1985年)製造... (続きを読む)

2020年2月2日 | カテゴリー : | 投稿者 : wpmaster

リーマス(炭酸リチウム)

リチウムは原子番号3のアルカリ金属元素です。 リチウムの医学への導入は、1870年に遡ります。同年、米国の神経科医ミッチェルが、臭化リチウムを抗けいれん薬、睡... (続きを読む)

2020年1月27日 | カテゴリー : | 投稿者 : wpmaster

エビリファイ(アリピプラゾール)

エビリファイ(アリピプラゾール)は 1987 年に大塚製薬が合成した国産抗精神病薬です。 ドパミンD 2 受容体に対する部分アゴニスト(パーシャル・アゴニスト)作用を有... (続きを読む)

2020年1月20日 | カテゴリー : | 投稿者 : wpmaster

カタプレス(クロニジン塩酸塩)

カタプレスはドイツのベーリンガー・インゲルハイム社が1966年に開発したα2受容体刺激薬です。日本には1970年に市場導入されました。 開発時より、もっぱら高血圧治療薬... (続きを読む)

2020年1月15日 | カテゴリー : | 投稿者 : wpmaster

デパケン(バルプロ酸ナトリウム)

100年以上前にアメリカで合成されたバルプロ酸ですが、合成から80年経った1963年に抗けいれん作用が見いだされ、1967年にフランスで初めて医薬品(抗てんかん薬)として承認... (続きを読む)

2020年1月9日 | カテゴリー : | 投稿者 : wpmaster

精神薬とQT延長

QT延長という心電図の異常所見があります。突然死を起こす可能性があることで注意が必要な心電図異常とされます。 多くの精神薬がQT間隔(以下で説明します)に影響し、心室性... (続きを読む)

2019年12月16日 | カテゴリー : | 投稿者 : wpmaster